表層&シャロー攻略専用のシンペン誕生 - 通常のシンキングペンシルに比べ、浮き上がりの良さを重視(リトリーブと同時に急浮上)することでトレースラインをシャローレンジに設定。さらにブルースコードⅡの開発で着目したのは着水後のアクション。リトリーブを始めると同時に、ミノー並みに素早いアクションの立ち上がりを実現することで、バイトチャンスを逃がさない。独特の形状をしたボディ全体で水流を受け流すことで、滑らかなスライドアクションを生み、揺らめきフォールも加わり、縦+横方向の立体的な喰わせアクションでチェイスしてきた魚を疑いなくバイトに持ち込む。

トレースライン比較イメージ

BLUESCODEⅡ-トレースライン比較イメージ
レンジコントロール自在の操作感 - シンキングペンシルが使いずらいと感じる一番の理由が、その引き抵抗の弱さから使用感、操作感が低いことが挙げられる。そこでエラの凹みと扁平な腹部を持つ独自のボディ形状を採用し水流を掴みやすくすることで、アングラーが感じる引き抵抗をアップ。それにより確実に手元に伝わる操作感が得られるため、水中でのイメージが湧きやすく、より正確なレンジコントロールを可能に。シンキングペンシルが苦手なアングラーにも是非一度試してもらいたいルアーだ。

コメントを残す