ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年10月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

2018年10月(6)
2018年09月(13)
2018年08月(7)
2018年07月(7)
2018年06月(8)
2018年05月(16)
2018年04月(5)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(11)
2017年10月(7)
2017年09月(15)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(61)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

Maria(1)
POCKETSミノー55SS(1)
アカハタ(2)
アジ(3)
アジフラッター(1)
アジング(1)
イナダ(14)
エンゼルキッス(1)
オフショアルアー(50)
カサゴ(1)
ガシラ(1)
カツオ(2)
カンパチ(4)
キハダ(1)
キメジ(2)
クエ(1)
コサバ(1)
サーフ(2)
サーベリングフックフォース(1)
サバ(1)
ザファースト90F(1)
サブマリンヘッド(1)
サワラ(1)
シーバス(588)
シーバスジギング(2)
シイラ(2)
ジギング(84)
ショアトリッカー(1)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(8)
シリヤケイカ(1)
スカッシュ(6)
スカッシュ F125(1)
スカッシュ S95(1)
スカッシュF125(6)
スライス(1)
スリムクローラー(1)
セイゴ(3)
ソゲ(1)
その他(399)
タイトスラローム(5)
タチウオ(56)
チヌ(1)
ツムブリ(1)
デュプレックス(1)
ドンコ(1)
バイラバイラ(5)
ハマチ(1)
ビークヘッド(3)
ヒラスズキ(19)
ヒラマサ(17)
ヒラメ(6)
フェイクベイツ F90(1)
フェイクベイツNL-1(2)
プラッキング(1)
プラッギング(1)
ブラックバス(1)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(9)
フラペン85(1)
フラペン85ヘビー(プロト)(1)
フラペンS85(1)
フラペンS85(2)
フラペンS85(プロトモデル)(1)
フラペンシャロー S85(1)
フラペンシャローS85(1)
フラペンブルーランナー(11)
フラペンブルーランナーS85(プロト)(1)
フラペンランナーS85(1)
ブリ(2)
ブルースコード(3)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC60(1)
ポップクイーン(12)
ポップクイーン F105(1)
ポップクイーンF105(2)
ポップクイーンF160(1)
マールアミーゴ(1)
マゴチ(3)
ママワーム(10)
ママワームアジフラッター(1)
ママワームスリムクロウラー(1)
ママワームソフト(1)
マリア(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョルチア(3)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(3)
メタルフリッカー(14)
メタルフリッカー太刀魚SP(1)
メッキ(1)
メバリング(2)
メバル(8)
モンツキイサキ(1)
ヤズ(2)
ヤマワーム(1)
ライトルアー(11)
ライトルアーゲーム(2)
ラクラクスナップ(1)
ラピード(17)
ラピードF130(1)
ラピードF130(2)
ラピードF130(2)
ラピードF160(7)
ラピードF160(1)
ラピードF160(2)
ラピードF230(1)
ラピードF230(2)
ラピードF230(6)
ラピードF230(2)
リトルビット(2)
リライズ(6)
リライズS130(1)
リライズS130(1)
ロウニンアジ(1)
ローデッド(6)
ローデッドF140(1)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(2)
ワラサ(2)
愛媛県(1)
伊豆(2)
磯(4)
磯ヒラ(1)
横須賀市サーフ(3)
沖縄県(1)
宮城県(1)
熊本県(1)
玄界灘(2)
高知県(1)
三浦半島(11)
山口県(4)
鹿児島県(1)
尺メバル(1)
湘南サーフ(3)
神奈川県(37)
西湘ゴロタ(2)
青物(4)
静岡サーフ(1)
静岡県(1)
相模湾城ヶ島沖(1)
長崎県(4)
長崎県壱岐市(1)
島根県(2)
東京湾(4)
浮きスッテ(1)
福井県(1)
福岡県(1)
房総半島(1)
猛光タチウオテンヤ(1)
猛光タチウオテンヤ波止(2)
猛光太刀魚テンヤ波止(1)
猛光太刀魚テンヤ波止シングル S SS(7)
猛光太刀魚テンヤ波止ダブルS(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - 釣果情報詳細

2018/09/20 09:41 長崎県 その他陸釣り釣果情報

タグ: 長崎県  ヒラマサ  ラピード 
釣行日

2018年9月15日~9月17日  

釣場

五島列島

時間

4:30~19:00  

釣果

ヒラマサ(ヒラゴ) 

使用タックル

ロッド:MC works RAGING BULL 98XS
リール:DAIWA ソルティガ6500
ライン:よつあみ ウルトラキャストマンWX8 8号  
リーダー:VARIVAS オーシャンレコード 180lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
豊田 駿 

先日、ヒラマサを求め、初秋の五島列島へ足を運びました。

今回は3日間の単独釣行になります。

初日は、地磯を駆け巡り状況判断。

ベイトは、ダツ、サンマ、キビナゴ。 19時まで投げ切り、4チェイス1バイトといった結果でした。

目に見えた、魚のサイズは3キロ程度まででしたが、日没後の波紋を残し去っていった魚は大型でした。

さすがの五島。海のポテンシャルを感じる一日でした。

2日目は、午前中に沖磯に渡るも台風の影響によるウネリが予想以上についており、早上がり。

午後からは新たな地磯で日没まで投げ切るもノーバイトでした。

2日間を通して分かったことは、ベイトも少ないせいか、単独個体が潮の差すタイミングで

ショアラインに寄ってくるような状況でした。

最終日、帰りのフェリーの時間もあり、釣りができるのは4時間弱。

初日に大型のチェイスがあった磯に、暗いうちからのエントリー。

最初の反応があったのは、日も上がり、潮の変わるタイミングでした。

しかし、ルアーには触れるも、フッキングせず。

そこからは潮も止まり沈黙の時間が続きました。

今回の遠征も坊主か...

そう思っていた頃に流れ出す上げ潮。

ラストチャンス。

時間いっぱいまで投げ続けます。

焦る気持ちを抑え、最後まで、ラピードに無駄な力が働かないようにアクションを入力します。

そして、フェリーの時間も迫り、ラスト3投と決めた2投目。

潮目に入った瞬間に水柱をあげるバイト。

フッキングも決まりファイト開始。

大物を想定したタックルの為、手こずることなくランディング。

3日間のキープキャストが報われた瞬間でした。 自身初のヒラマサ。

サイズに関係なく価値ある一匹。

またの再会を願いリリースし、この旅を終了しました。

これからも、一匹を手にするまでのプロセスを大切にして、ロマンある舞台に立ち続けたいと思います。

 

前へ  |  次へ   | 一覧