ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年4月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

2018年04月(2)
2018年03月(24)
2018年01月(3)
2017年12月(7)
2017年11月(11)
2017年10月(7)
2017年09月(15)
2017年08月(3)
2017年07月(5)
2017年06月(7)
2017年05月(11)
2017年04月(1)
2017年03月(5)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年11月(7)
2016年10月(2)
2016年09月(6)
2016年06月(2)
2016年05月(1)
2016年04月(1)
2016年03月(1)
2016年02月(2)
2016年01月(2)
2015年12月(6)
2015年11月(2)
2015年10月(4)
2015年09月(3)
2015年08月(10)
2015年07月(5)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年04月(7)
2015年03月(2)
2015年02月(2)
2015年01月(12)
2014年12月(5)
2014年11月(13)
2014年10月(23)
2014年09月(18)
2014年08月(13)
2014年07月(28)
2014年06月(28)
2014年05月(27)
2014年04月(23)
2014年03月(20)
2014年02月(9)
2014年01月(20)
2013年12月(28)
2013年11月(16)
2013年10月(18)
2013年09月(25)
2013年08月(27)
2013年07月(11)
2013年06月(17)
2013年05月(17)
2013年04月(13)
2013年03月(5)
2013年02月(8)
2013年01月(11)
2012年12月(16)
2012年11月(6)
2012年10月(14)
2012年09月(12)
2012年08月(18)
2012年07月(24)
2012年06月(17)
2012年05月(32)
2012年04月(12)
2012年03月(16)
2012年02月(17)
2012年01月(28)
2011年12月(36)
2011年11月(57)
2011年10月(57)
2011年09月(47)
2011年08月(61)
2011年07月(38)
2011年06月(29)
2011年05月(26)
2011年04月(14)
2011年03月(3)
2011年02月(12)
2011年01月(13)
2010年12月(13)
2010年11月(21)
2010年10月(26)
2010年09月(34)
2010年08月(20)
2010年07月(14)
2010年06月(4)
2010年05月(14)
2010年04月(4)
2010年01月(1)

タグ

Maria(1)
POCKETSミノー55SS(1)
アカハタ(2)
アジ(1)
アジング(1)
イナダ(3)
オフショアルアー(32)
カツオ(2)
カンパチ(2)
キハダ(1)
キメジ(2)
サーフ(2)
サーベリングフックフォース(1)
サバ(1)
サブマリンヘッド(1)
サワラ(1)
シーバス(580)
シーバスジギング(2)
シイラ(2)
ジギング(84)
ショアブルーEX(3)
ショアルアーゲーム(7)
シリヤケイカ(1)
スカッシュ(5)
スカッシュ F125(1)
スカッシュ S95(1)
スカッシュF125(6)
ソゲ(1)
その他(399)
タイトスラローム(3)
タチウオ(54)
デュプレックス(1)
バイラバイラ(4)
ハマチ(1)
ビークヘッド(3)
ヒラスズキ(10)
ヒラマサ(14)
ヒラメ(6)
フェイクベイツNL-1(2)
プラッキング(1)
プラッギング(1)
フラットフィッシュ(4)
フラペン(3)
フラペン85(1)
フラペン85ヘビー(プロト)(1)
フラペンS85(1)
フラペンS85(2)
フラペンS85(プロトモデル)(1)
フラペンシャロー S85(1)
フラペンシャローS85(1)
フラペンブルーランナー(4)
フラペンブルーランナーS85(プロト)(1)
ブリ(2)
ブルースコードⅡ110(2)
ブルースコードC60(1)
ポップクイーン(2)
ポップクイーン F105(1)
ポップクイーンF105(2)
ポップクイーンF160(1)
マールアミーゴ(1)
マゴチ(3)
ママワーム(7)
ママワームアジフラッター(1)
ママワームスリムクロウラー(1)
ママワームソフト(1)
マリア(1)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョルチア(3)
ムラソイ(1)
メジロ(2)
メタフラ(3)
メタルフリッカー(11)
メバリング(2)
メバル(6)
ヤズ(1)
ヤマワーム(1)
ライトルアー(3)
ライトルアーゲーム(2)
ラクラクスナップ(1)
ラピード(6)
ラピードF130(1)
ラピードF130(1)
ラピードF130(2)
ラピードF160(7)
ラピードF160(2)
ラピードF230(1)
ラピードF230(2)
ラピードF230(8)
リトルビット(1)
ローデッド(6)
ローデッドF180(1)
ロックショア(1)
ワカシ(1)
ワラサ(2)
伊豆(2)
磯(4)
磯ヒラ(1)
横須賀市サーフ(3)
熊本県(1)
玄界灘(2)
三浦半島(11)
尺メバル(1)
湘南サーフ(3)
神奈川県(2)
西湘ゴロタ(2)
青物(4)
静岡サーフ(1)
相模湾城ヶ島沖(1)
長崎県壱岐市(1)
東京湾(3)
房総半島(1)
猛光タチウオテンヤ(1)
猛光タチウオテンヤ波止(2)
猛光太刀魚テンヤ波止シングル S SS(7)
猛光太刀魚テンヤ波止ダブルS(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
1367件のページが該当しました。
2017/12/25 13:18 長崎県ライトルアーゲーム
タグ: ライトルアーゲーム  ママワームアジフラッター  リトルビット  サブマリンヘッド 
釣行日

2017年12月23日 (土)  

釣場
長崎県壱岐市 漁港
時間

17:00 〜 3:00  

釣果

アジ 〜29p(多数)
アラカブ 3匹、
ケンサキ 1杯 

使用タックル

ロッド:TICT bFO−510S−5P
リール:シマノ ストラディックci4+ C2000HGS
ライン:エステル0.3号+フロロリーダー3lb 
ロッド:アブガルシア XROSSFIELD 764L−TE
リール:シマノ レアニウムci4+ C2000HGS
ライン:PE0.6号+フロロリーダー10lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
加藤 孝幸 

★年末年始と言えば、夢のギガアジ・テラアジの回遊が見られる壱岐のアジング!
スケジュールと風予報の都合上、ここしかないと決め込んで竹本さん同行で強行してきました。
経験上、ギガの時合いはまずめ時の数10分。

朝・夕まづめを、どこで過ごすか綿密に計画して夕方の明るいうちから、めぼしい場所に入りました。
明るいうちから足元はマメアジだらけ。

まづめはギガに集中すべくマイクロジギング作戦でリトルビット一本勝負です。

投げてしゃくってテンションフォールを繰り返しますが…暗くなり、ついに来た!!

…と思ったのは先ほどから足元でウジャウジャしてるサイズのマメアジ。

ジグにも高活性に絡んできます。
ここからは、マメアジ祭り状態。

テンションフォール時のプルッというアタリが連発。

だいぶ暗くなり、焦り始めたその時
マメアジと同じようなプルッというアタリに合わせたらドラグがじ〜!
来た!と思い慎重にタモ入れして取り込みますが、、、泣き尺の29p!!!
対岸でも同じく、尺前後が釣れている釣り人の賑わいが!時合い到来!
しかしながら、釣れるのは25cm〜無き尺。
良いサイズなんだけど、壱岐のポテンシャルに合うサイズとは…


そうしているうちに、時合い終了。
ここからは、ジグ単(フラッター2.8、サブマリン2g)で数釣り。
良いサイズが飽きない程度に釣れ、釣り場移動を繰り返してランガンするも

事件性のある釣果は特になく、平坦に終わっていきました…


コメント
2017/12/19 17:19 東京湾オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  シーバス  タイトスラローム 
釣行日

2017年12月17日(日)  

釣場
東京湾(ストライカー
時間

18:30 〜23:00  

釣果

シーバス 4本 

使用タックル

ロッド:8フィートエギングロッド
リール:シマノ C3000
ライン:PE0.6号 + ナイロン20lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
藤倉 育聡 


初のボートシーバスに行ってきました!
最初は橋脚の明暗のポイントへ
同船していた、スタッフ戸田が幸先よく一本目をゲット!
さらに同船した人が、84cmのランカーシーバスをゲット!!
期待を持ちながら、自分はビッグベイトを投げ倒しアタリが2回あるもフッキングにいたらず....
その後、ポイント移動し常夜灯周りを攻めることに。

そこで、同船者が40センチくらいの良型カマスをゲット。
さらに、ポイントを移動しポイントに到着するやいなやボイル発生!!
強波動のタイトスラロームにかえ、明暗の暗部にキャストし、巻き始めすぐにヒット!!
可愛いセイゴサイズをゲット!!
同じ釣り方で3本追加!
その後は、同船者がポツポツ釣り、納竿時間になり終了。
凍えるような寒さですが、シーバスはまだまだ元気ですねぇ〜

次はランカーサイズを釣りたいですねぇ〜


コメント
2017/12/12 13:08 新島その他陸釣り情報
タグ: ロックショア  青物  ショアブルーEX 
釣行日

2017年12月10日(日)  

釣場

新島 沖磯 (伊豆下田フィッシング

時間

5:30 〜 13:00  

釣果

カンパチ(ネイリ)×2 

使用タックル

ロッド:DAIKO タイドマークロッキーショア100/13 
リール:SHIMANO STELLA SW10000PG
ライン:PE5号+スペーサーPE10号
リーダー:YAMASHITA ニュークロー 30号 

使用アイテム

ショアブルーEX 100g 青物シンペンプロト

記入者

マリアスタッフ
豊田 駿 

今年の9月から通い始めた鵜渡根群礁へ、4回目のチャレンジに行ってきました。

ターゲットは大型ヒラマサです。

鵜渡根に上がれる確率は30%程と言われているように今回も現地に着くと

2m弱のウネリがついており渡礁することは厳しく

新島周りの沖磯に上がることになりました。

ちなみに、これまでの私の渡礁率は50%です。

近くて遠い、ロマンある離島です。


当日の状況としては、朝からトップへの反応が薄かったため

ボトムの地形に着く魚に、狙いを中心に攻めることにしました。


まずは、来春発売予定の青物シンペンでブレイクの壁を沿わせるように

「誘い上げ」でタイトに探っていくと前アタリがあり、すぐに食わせの間を入れて

ヒットに繋げることが出来ました。

サイズは30cm前後と可愛いサイズでしたが、狙って獲った嬉しい一匹です。


しかし、その後は続かず、潮止まり前にショアブルーEXにて回遊してきたであろう

50cm前後の個体を追加して納竿になりました。


鵜度根・新島の数匹・単体で回遊している大型ヒラマサを当てる条件としては、基本的に

・朝マヅメの薄暗い時間帯

・それぞれの磯での一番潮

の数時間のタイミングが勝負になってきます。


この一瞬の夢の時間を求め、これからも鵜度根群礁に通い

いつか大型ヒラマサに逢える日に備え、経験値を高めていきたいと思います。


コメント
2017/12/12 12:58 福岡県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2017年12月9日(土)  

釣場

玄海灘 (優フィッシング

時間

7:30〜16:00  

釣果

ヒラマサ 12.6kg 

使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス ブルースナイパー82/6
リール:ツインパワーSW 14000XG(シマノ)
ライン:PE8号 + リーダー ナイロン170lb) 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
竹本 翔太 

連日好調の『玄海灘』へヒラマサキャスティング&ジギングへ行って参りました。

お世話になったのは遊漁船 優 様。

前日はfacebookで22kgの釣果も上がっており期待が持てます。

出船して1時間あまり、まずは壱岐まわりのキャスティングにてヒラマサを狙います。

前日が荒れ模様だった為、操作感に優れたラピードを選択。

練度の低い私でも、アクションエラーなく泳いでくれます。

波間に自分のルアーを眺めていると隣で炸裂音が!

一流し目の僅か2投で、同行していた黒田さんにヒット!!

強烈にロッドを絞り込みながら上がって来たのは良く肥えた

コンディション抜群のヒラマサ13.7kg。

この1尾をきっかけに、皆のボルテージも上がります。

しかし、流しを変えるも反応は無く時間が流れます。

次の流しで反応無ければ、ジギングのポイントへ向かいますと船長からアナウンス。

出てくれ〜!と祈りながら投げ続けること数分。

波間にルアーが、見えなくなった時”バコン!!”と大きな音がなり、ティップが絞り込まれます。

何とかアワセを入れ、強烈な引きに耐えながらミヨシへダッシュ。

ロッドが立たず、少し角度を付けながら耐えると魚がトモへと走り始めたので合わせて移動。

最後は船長のフォローもありながら魚を浮かせ、何とか12.6kgをキャッチ出来ました。


今回釣れたヒラマサがトップゲームでの初ヒラマサだったため釣った後の記憶は

嬉しさであまりありませんが、『ヒラマサやべぇ!ちょー楽しい』と連呼していたそうです(笑)

次回は、さらなるサイズUPを狙って春の玄海灘へ繰り出そうと思います。


コメント
2017/12/12 11:54 福岡県オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  ラピードF230  ヒラマサ 
釣行日

2017年12月9日(土)  

釣場

玄海灘 (優フィッシング

時間

7:30〜16:00  

釣果

ヒラマサ 13.77kg 

使用タックル

ロッド:ゼロシキ ワイルドシーク82MH(ゼニス)
リール:ツインパワーSW 14000XG(シマノ)
ライン:SMP8号(バリバス)
リーダー:ナノダックス キャスティング 170lb(プロセレ) 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
黒田 真 

連日良い状況が続いている玄海灘へ、博多港出船の「優フィッシング」様にて

ヒラマサキャスティングへ行って参りました。

移動中は、ウネリがキツくややしんどい状況でした。

ポイントに到着しキャスティングスタート。

始めは「ラピードF230 血みどろイワシ」に「ファイターズリングダエン」

フックは「TUNED管ムロ40号」のセッティングで挑みます。


ウネリを考慮に入れながらキャストするタイミングを定め、開始2投目の誘い出しでチェイス!

きた!と思った瞬間に

水面バコォン!ワンテンポ置いて魚が引っ張った瞬間にフッキングを大きく2発かまして

ファイトスタート。

今までに味わった事の無いような強烈な引きで、10キロは越えてるかも!?と

思いながら必死にファイト。

水深もある程度あった為、ドラグも使いながらヘボヘボなファイトで何とか寄せ、

水面付近まで揚げてくるとなかなか良いサイズ♪

船長にランディングして頂き、魚をキャッチ。

10キロオーバーのヒラマサなんて釣った事が無かったので

いまいちサイズ感がわかりませんでしたが、長さと大きさに驚きました。

計測すると13.77キロの良型ヒラマサでした。

今まで釣った中で一番大きな魚ですし、引きも強烈だったので感動しました。

それと同時に、20キロクラスのヒラマサはどれだけ引くんだろう・・・

と恐怖心もこみあげてきました(笑)

なにはともあれ、目標としていた10キロオーバーが釣れて嬉しかったです♪

次は15キロアップを目指します!


今回は、ウネリが大きく残る状況でもアクションエラーが少なく思い通りに動かせる

ラピードF230の強みが出たと感じました。

また、8号タックルでも抜群の飛距離が出せることも良い武器になりました。


その後はジギングでお土産のブリヤズを確保し、夕方のキャストでは僕には

反応がなく納竿となりました。

後輩のクッキングマイスター竹本もラピードF230にて初ヒラマサ12.6キロの良型を

キャッチでき、良い1日となりました。


コメント
2017/12/05 16:28 東京湾オフショアルア−情報
タグ: オフショアルアー  スカッシュ S95 
釣行日

2017年12月2日(土曜日)  

釣場
東京湾
時間

18:00 〜 21:00  

釣果

ギンガメアジ 2.1キロ 

使用タックル

ロッド: ゼナック ボートロッド 6’3
リール: シマノ 4000HG
ライン: PE1.5号 + リーダー フロロ8号 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
戸田 篤 

だいぶ冷え込んできたので、前々から企んでいた東京湾の温排水に行ってきました。

気温は10℃以下。

ポイントに到着し水面を触ると、体感的にはもうお湯です。

時折ボラがざわついているため、何かが居そうな気配。

本命が居ることを信じて投げ続けます。

流れに沿って泳ぐ魚の目の前を、横切るイメージでスカッシュ通していると、

流れの中央で「ゴンッ」と重いアタリ

アワせた瞬間、ドラグを出しながらガンガン下に突っ込まれます。

これはシーバスではないと確信し慎重に浮かせると、

水面に見えたのはギラリと光る偏平な魚!

本命のメッキです。

普段はなかなか出会えないサイズに感動し、

気が付けば遅くなってしまったため納竿。

東京湾トレバリーで、普段のメッキとはまた違った一面を見ることができました。

暖かくなるまでの間に、また生存確認に行きたいです。


コメント
2017/11/23 14:29 神奈川県シーバス情報
タグ: シーバス  三浦半島  スカッシュ F125 
釣行日

2017年11月21日(火)  

釣場
神奈川県三浦半島
時間

5:45 〜6:00  

釣果

ヒラスズキ(50cm) 

使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー clover103
リール:シマノ ツインパワーSW4000
ライン:PE1.5号 + ナイロン30lb 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

朝時間に余裕あったので、近所の磯へ遅刻しないギリギリの朝練をしてきました。

前日の南風もあり、若干波は残っていましたが、風向きは変わり直ぐに波が落ちる様子なので

朝マズメの時合に絞り、広範囲とレンジを広く探れる“スカッシュF125”でスタート!

波のタイミングに合わせ、実績あるシモリを舐めるようにじっくりスローにトレースしHIT!

2匹目!といきたいところでしたが、朝の通勤ラッシュが気になり深追いせずに帰りました。

今期は水温がまだ高く、産卵絡みの磯マルが遅れている様子の三浦の磯ゲーム。

年末のランカーラッシュがいつ訪れるか楽しみです!


コメント
2017/11/21 14:42 神奈川県シーバス情報
タグ: シーバス  三浦半島  フラペン85ヘビー(プロト) 
釣行日

2017年11月19日(日)  

釣場
神奈川県三浦半島
時間

6:00 〜 7:00  

釣果

ヒラスズキ(55cm) 

使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー clover103
リール:シマノ ツインパワーSW4000
ライン:PE1.5号 + ナイロン30lb 

使用アイテム

フラペン85ヘビー(プロト)

記入者

マリアスタッフ
江畑 明宏 

ウネリ予報だったのでお鍋の材料を確保する為、菊地くんと一緒にヒラスズキ狙いに行ってきました!

タイドプールにはキビナゴらしき小型ベイトが泳いでおり期待大!

ポイントに着くと思っている以上にウネリが強く、満潮も重なり潮位も高かったので、

安全面も兼ね、高い足場でもしっかり泳ぐエンゼルキッス140からスタート。

夜明けのタイミングで菊地くんにHITした直後、こちらにも連続HIT。

重量感もあり目測70cmクラスの良型!

が、抜こうに抜けないサイズで磯際で躊躇していると波に持っていかれサヨナラ…。

日が昇ると警戒心も高くなり食いが渋いので、フラペン85ヘビー(プロト)にサイズダウンすると即HIT。

これもファイト中に波に飲まれラインテンションが抜けサヨナラ・・・。

最後の最後に本命1本GETで、ボウズ逃れでき良かったです。


コメント
2017/11/16 09:52 東京都シーバス情報
タグ: シーバス  東京湾  フラペンシャローS85 
釣行日

2017年11月11日(土曜日)  

釣場
東京湾
時間

19:30 ~ 21:00  

釣果

シーバス 55cm 

使用タックル

ロッド:4ピースシーバスロッド 6’5
リール:シマノ3000HG
ライン:PE1号 + リーダー フロロ6号 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
戸田 篤 

日曜のシーバフェスタに備えながら、前日に以前のホームグラウンドで久しぶりのシーバス。

雨予報で期待していましたが、雨は降らず、しかも強い北西風。

早速寒さに心が折れそうになりましたが、ボイルも見られ、時折シーバスが飛び出しています。

しかし、魚っ気のある温排水のポイントは一面をボラで覆われ、かなり釣り難い。

案の定、ベイトの多さからなかなか当てられません。

低活性の魚にターゲットを変更し、一見、生命感はないものの、かつて何度も助けられたブレイクラインに移動。

フラペンシャローをブレイクに沿って、ギリギリ泳ぐ速度で巻くと、「トンッ」とバイト!

なんとか口を使ってもらえました。

その後はショートバイトがあるも掛けることは出来ず。

ひとまずポイントが相変わらずなことに安心し、納竿。

翌日のシーバスフェスタでは、ホームのポイントが近所の方が多くいらっしゃったため

フラペンシャローをおススメしやすく、収穫のある釣行になりました。

シーバスメインの方々とお話しすることで、自分のシーバス欲も刺激されたので

バッグ一つのアーバンシーバスも、また行きたいと思います。


コメント
2017/11/15 10:03 富山湾オフショアルア-情報
タグ: オフショアルアー  バイラバイラ  タチウオ 
釣行日

2017年11月7日(火)  

釣場

富山湾(泰誠丸)

時間

1:00~8:00  

釣果

タチウオ 75 ~ 100cm 

使用タックル

ロッド:ゴールデンミーン サーベルダンス65M
リール: シマノ オシアコンクエスト 201HG
ライン: ヨツアミ ジグマンX8 #1.5
リーダー: ヨツアミFC 5号+12号 

使用アイテム
記入者

マリアスタッフ
川上 桂司 

今、好調と話題の富山湾のタチウオに行ってきました。

このエリアは、夜中出船という特殊なスタイル。

ポイントは神通川の河口で、表層は流れが早く激流。

前日から、釣果も回復し期待できましたが、暗いうちは 

水深20~30mで猛光太刀魚テンヤにアタリが集中。

F4~F5の良型連発。

明るくなってテンヤにアタリがなくなり、タチウオが沈み

水深60m~100m程度でジグにアタリ出しましたが、数は伸びず納竿。

前日は、小型主体ながらジグで入れ食いだったとのことです。

テンヤとジグの使い分けで、数・型共に釣果が伸ばせる可能性の見えた富山湾釣行でした。


コメント