ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2019年5月 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

ショアブルーEX(2)
COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(1)
アジ(3)
アジフラッター(6)
アジング(17)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(5)
エンゼルキッス(1)
オフショア(13)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(4)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(3)
サブマリンヘッド(5)
サヨリパターン(1)
サワラ(8)
シーバス(74)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(4)
ジギング(6)
シ-バス(8)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカ-(2)
ショアトリッカー(2)
ショアブルーEX(1)
スカッシュ(7)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(7)
スリムクローラー(3)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイトスラローム(2)
タイラバ(5)
タチウオ(14)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(2)
タックル(1)
チヌ(2)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(6)
ヒラマサ(11)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(1)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(250)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(8)
フィ-ルドモニター(1)
フェイクベイツ(3)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(9)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(3)
フラペンブルーランナー(6)
フラペンブルーランナーS85(2)
ブリ(1)
ブルースコード(5)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードⅡ(8)
ブルースコードC45(2)
ブルースコ-ド(1)
ブルースコ-ドⅡ(2)
プロトモデル(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(5)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクィーン(2)
ポップクイーン(10)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイ-ン(1)
マール・アミーゴⅡ(3)
マールアミーゴⅡ(3)
マダイ(5)
ママワーム(1)
ママワーム(25)
ママワーム ソフト(2)
ママワームソフト(1)
ママワームダートスクイッド(6)
マリア(19)
マルチゲーム(1)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(7)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムーチョルチア(2)
ムラソイ(1)
メタフラ(5)
メタフラ32(1)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(14)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバトロボール(1)
メバリング(2)
メバル(33)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(16)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(7)
ライトショアプラッキング(3)
ライトルアー(2)
ライトロック(3)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(19)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF160(1)
ラピードF230(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(1)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックショア(2)
ロックフィッシュ(4)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(2)
岡 公一郎(18)
岡公一朗(2)
岡公一郎(11)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(32)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(3)
香西宗正(29)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(4)
真鯛(2)
西田 学(3)
西田学(14)
青物(49)
石井 栄治(3)
石井栄治(2)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(4)
大森崇弘(31)
稚鮎(1)
中山 剛(3)
中山剛(34)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(38)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(36)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - 企画開発ブログ詳細

2016/12/01 07:30 そこに居る!から、術はある。by 大森 崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森 崇弘  アジング  ママワーム ソフト  サブマリンヘッド 

皆さん、こんにちは。Mariaフィールドスタッフの大森崇弘です。よろしくお願いします。

 
早いもので、もう順番が回ってきましたね~。今回は、12月の一発目と言うことで青物を予定していましたが、先週の休みは南紀で撃沈を食らってしまいました。釣れなくても、そこに考えや方法があればレポート成立させることも可能でした。が、内容的にはシャークアタック2回のみ。そんな状況なので、ルアーのロストを恐れてプロトルアーは封印し、使い込み過ぎたボロボロのルアーばかり投げていました。それでヒットさえあれば、それなりにストーリーは出来上がるのですが、何も無かった。逃げの姿勢で釣りをして、結果が伴わなかったのでネタにはならず、って感じでした。

 
でも、レポート提出日は当然訪れる。だから、11月29日、急遽漁港の小アジングに行ってきました。ただ、この日は、北東6mの爆風日和。追い風エリアを選択することで何とかなるかな?って感じですが、厳しい釣りになることは目に見えていますね。でも、漁港の小アジングの楽しみ方って、たくさん釣るだけが楽しみじゃないから、私は好きなのです。たいていの釣りって時合があり、回遊の有無もあり、それらの条件の一致で釣果に繋がるものだと思います。しかし、漁港の小アジングは、違う。灯り下のその場所にアジは居る。アジの姿が目視できなくても、この時期の灯り下は、必ず居る。実績があるから。釣果は、まさしく釣り人次第。こんな釣りも面白いですね。
 
釣れる時は、簡単に数が釣れる釣りだけど、アカン日に一尾を釣る為に必死になるのもいいものですね。

 
さて、当日はとにかく爆風。だから、比重の重いフロロカーボン 1 lb ラインを選択。ジグヘッドは、サブマリンヘッドの1gを選択。通常は、0.5g方が吸い込みが良いのだが、風が強い時はメインラインを張ってアタリが取れやすいようにすることが先決。そして、1投目からジグヘッドを底まで沈めて、ボトムの釣りを開始した。そこには、引き抵抗を増やし、メインラインを張るという意図も含まれる。


が、やっぱり…全くアタリが無い。こんな爆風下でも釣りは成立させれていると思うが、やっぱりアタリの無い状況が続いた。


仕方が無く場所移動を決意し、回収すると!


 釣れた?

サブマリンヘッド 1g + ママワームソフト アジフラッター 2.3インチ


この釣れた?状況を再現してみると、また釣れた!


結局、アジの目視出来ない状況でも、表層の速引きに反応することが分かった。数匹釣ったらアタリは遠のいたけれど、反応するレンジとスピードが判れば、ワームのカラーや形状を変えれば、再びアタリが出る。

ここが、漁港の小アジングの面白い所。回遊性では無く、居付き!アジはそこに居るから、釣れなくなっても術はある。釣果は、釣り人次第。

サブマリンヘッド 1g + ママワームソフト スリムクローラー 1.8インチ


カラーローテーション後は、アタリが出やすくなるので、まめにカラーローテーションすればするほど、アタリが長続きしやすいもの。今回はクリアーラメ系と、ソリットカラー系を交互にローテーションしましたが、レッドケイムラに好反応。

サブマリンヘッド 0.75g + ママワームソフト スリムクローラー 1.8インチ


このカラーで連発した後、アタリが遠のいたら再びカラーローテーションしたが、色々と試すも殆どアタリが無くなった。が、再びこのカラーに戻したら、連発再開。

このように、カラーローテーションの効果は「アタリを出すため」だけでは無く、スレたヒットカラーを再び蘇らさすことにも効果的である。


小鯵!それはサイズが小さく数が多いので、魚の価値、または釣り人の価値観は少ないけれど、小アジングには奥の深さがあり、それが病みつきになる要素を秘めている。今年は水温が高めなので、もうしばらく遊べそうですね。空いている時間があったら、皆さんも是非チャレンジしてくださいね。


ちなみに今回もまた、フック用の小ケースを一つだけポケットに入れて釣り歩きました。手軽でしょ!

こんなスタイルで釣りが出来るのは、振り返れば「ママワーム ソフト」だからかも知れませんね。なぜなら「ママワーム ソフト」シリーズは、色うつりしないから。したがって、赤・黄色・ピンク・白・クリアのワームを一緒に入れてもOK。他メーカーのワームと混同すると溶ける場合があるので、そこは注意してくださいね。



<タックルデータ>

●ロッド / クロスステージ CRX-S562AJI

●リール / ルビアス 2004

●ライン / タイニーFC AJI 0.25号(1LB)

●ジグヘッド / サブマリンヘッド 0.75g 1g

http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/submarinehead/index.html
●ワーム /

ママワームソフト アジフラッター 1.8インチ

http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/ma2worm/lineup/aji.html
ママワームソフト スリムクローラー 1.8インチ
http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/ma2worm/lineup/item1.html


日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧