私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティ

2017/06/26 17:54 2017年6月23日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

アオリコミュニティ第9弾は

6月23日のミウラダイブセンター様からの報告です。

水温も安定し、産卵床に多くの卵が確認できるようになりました。

こちらは、上から見た産卵床全体の様子になります。

最初に比べ、多く増えたことが一目で、わかりますね(^^)

また、ペアリングしているアオリイカも確認することができましたよ!

さて、ここで質問です。

この写真の2杯のアオリイカは、どちらが雄でどちらが雌でしょうか?

ヒントは、赤い○で示された体表の模様になります。

正解は

左が雄で右が雌になります!

一目で見分ける方法として、赤い○で示しているように

雄の模様は、横に長い線のような模様

雌の模様は、丸みを帯びた水玉模様のような形をしています。

詳しくはこちらからどうぞ↓

(釣り百科)

http://tsurihyakka.yamaria.com/fish/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%82%AB

産卵床に卵を産み付けている雌の様子も確認できました。

また、左は新しく付けられた卵で、右が6/6日に付けられ日数の経った卵になります。

日数が経過した卵は、卵嚢の膜が薄くなり、卵の形が見えるようになってきます。

この卵は、後1週間もすれば孵化するかもしれませんね(^^)

今後の動きも期待してみていきましょう!

また、ミウラダイブセンター様からの報告があり次第、お知らせいたします。

6月23日(金) 海況情報

水温:(水底)18℃-(水面)20℃

透明度:10m

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2017年9月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom