ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年5月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2016/07/29 04:00 思うところあり 日本海のパワー炸裂!今日も元気にケンサキイカ ~錘スッテ~by風雲児MASA

タグ: ケンサキイカ  マイカ  マルイカ 

まず最初に言えることは・・・・・・

「凄かった」

て尺度が解らないと思われるので、具体的にしますと

「ご飯を食べる暇がないレベル」

それほどまでに福井の海の「マイカ(ケンサキイカ)」は元気でした。

そんな中でも、そんな中だからこそ、想い感じる事があるもので、

先ずは「胴付のイカ仕掛け」からお話しますと。

①刻々と変わる「パターンを掴む」と他点掛けする

②上棚だからサイズが小さい訳ではない

③スッテの大きさより色に反応

説明いたしますと。

①キーワードは追わせる事。イカのいる棚で上下どちらかの方向に追わせた後、乗るタイミングを用意する事で群れで反応する様子。

②魚群の様に棚でイカが流れてくることがある。この事から、船に付くイカとエサを求めてさまようイカの2種が考えられ、さまようイカは他点掛けする

③玄海灘に比べて、スッテのサイズによる選択制より、青系を選択する時間があるなど、色による反応が良い

これに対し、「錘スッテでのイカメタルゲーム」は

④タックルや錘スッテが軽い為、関東マルイカ直ブラ仕掛けでナイショの必殺技である。「コンビネーションTATAKI」などより細やかな誘いを組み合わせる事が出来る

⑤錘スッテの平衡沈下を活用する事で、下への誘いに変化を持たせることが出来、イカに触腕を出させる事が出来る

⑥スッテやエギを細やかなシャクリ上げで、フラフラさせ、胴付仕掛けより目立たせ誘う事が出来る

要は「何が出来るのか」と言いますと。

・「掛けより数を乗せる事で楽しむことが出来る」(胴付のイカ仕掛け)

・「乗せるや乗ったより、誘いにより掛ける事を楽しむことが出来る」(錘スッテによるイカメタルゲーム)

両方イカ釣りの楽しみではありますが、

MASAとしては、「この2つの特性をより融合できるのではないか?」と妄想しました。

まだまだ奥が深いケンサキ釣り。

皆様も是非機会あればお試しください!

では今日はこの辺りで・・・・

by風雲児MASA

~関連商品~

錘スッテ
http://www.yamaria.co.jp/yamashita/product/detail/419
イカメタルアシストリーダー
http://www.yamaria.co.jp/yamashita/product/detail/458
おっぱいスッテ布巻
http://www.yamaria.co.jp/yamashita/product/detail/153

    • 釣行記
    • 商品インプレ

 

前へ  |  次へ   | 一覧