ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年5月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

アオリイカ(250)
アカムツ(25)
アコウダイ(7)
アジ(59)
アナゴ(3)
アマダイ(17)
イサキ(42)
イシダイ(3)
イシナギ(1)
イシモチ(11)
イナダ(5)
イワシ(2)
エギイカ(30)
エギスミイカ(2)
オニカサゴ(10)
カサゴ(22)
ガシラ(1)
カツオ(16)
カレイ(2)
カワハギ(46)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(15)
キンメダイ(4)
クロダイ(2)
ケンサキイカ(91)
コウイカ(4)
サバ(10)
サワラ(2)
シーバス(4)
ショウサイフグ(23)
シリヤケイカ(1)
シロイカ(3)
シロギス(25)
スジイカ(1)
スズキ(2)
スミイカ(158)
スルメイカ(313)
その他(19)
タイラバ(2)
タコ(2)
タチウオ(115)
タチウオテンヤ(2)
テンヤ(5)
トラフグ(4)
ハゼ(3)
ハタ(2)
ハナダイ(14)
ハマチ(1)
ヒイカ(1)
ヒラマサ(9)
ヒラメ(43)
フグ(3)
ブリ(6)
マイカ(15)
マグロ(8)
マゴチ(3)
マダイ(144)
マダコ(17)
マルイカ(446)
ムギイカ(40)
ムツ(3)
ムラサキイカ(11)
メゴチ(1)
メジナ(1)
メダイ(2)
メバル(15)
モンゴウイカ(2)
ヤリイカ(394)
やり方(1)
ライトタチウオテンヤ(1)
ライトルアー(1)
ワカサギ(2)
ワラサ(22)
海上釣堀(1)
関西(1)
玄海灘(1)
真鯛(1)
船イカ釣果速報(137)
船釣りCOMMUNITY(4)
太刀魚(6)
太刀魚テンヤ(3)
鯛(1)
鯛歌舞楽(4)
大阪湾(2)
大阪湾タチウオKINGバトル(1)
中深海(1)
潮汐(2)
能古島沖(1)
波動ベイト(2)
博多湾(1)
猛光太刀魚テンヤ(2)
料理(14)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2016/11/03 04:00 船からのイカ釣り概況!・・・関東 晩秋版

タグ: ヤリイカ  スルメイカ  スミイカ  アオリイカ 

船からのイカ釣り情報を配信して約3ヶ月が経過しました。

これまでの状況をまとめてみたいと思います。

①ヤリイカ・スルメイカ

10月に入り、全体的に釣果が不安定な状況となってしまいました。

相模湾は、小田原南沖が解禁となり、本格的なシーズンではありますが
トップで20杯前後の日が多くなっています。

三浦半島は、剣崎沖でワラサが好調につき、小網代・長井からの出船が

メインとなっています。凄腕のイカ釣師が集まる長井でもトップで20杯前後の

日が続いています。



内房・南房は、スルメイカメインの日とヤリイカメインの日と出船してみないと

わからない状況が続いていましたが、ヤリイカの比率が高くなってきました。
南房では、トップで50杯近い日もありましたので、本格シーズンが近そうです。

外房は、11月1日よりイサキが解禁となったことから、スルメイカの出船を

終了したところもあります。スルメイカの釣果は、潮の流れ次第ではありますが

トップで30杯以上の日もありますので、安定してきました。

②スミイカ



今年絶好調なのが、東京湾のスミイカです。

トップで10杯釣れたら、絶好調といわれている釣りですが

シーズン開幕して1ヶ月が経過した現在も良い日はトップ30杯超え。
長年、スミイカで出船している船長からも、今年ほど良い年は珍しいと
評判です。

釣り方は、シャコ餌のテンヤとエギの2種類あります。

テンヤでの出船は、鶴見から鴨居あたりがメインとなり、エギでの出船は

湾奥から浦賀あたりとなります。

どちらの釣り方でも楽しめるのが今シーズンです。

③アオリイカ

スミイカに比べると出船している船宿が少ないのですが、今季アオリイカも

好調です。



相模湾では、トップ22杯という船アオリでは記録的な釣果もでています。

ティップランでの出船も増えてきましたね。

私も挑戦していますが、7杯とまずまずの釣果でした。

今後は、サイズも1キロを超えてくるのでますます楽しみですね。

現在は、エギで狙う(スミイカ・アオリイカ)が好調で、沖のヤリイカ・スルメイカが

やや不調という現状となっています。

スミイカやアオリイカを釣ってみたいと思っていた方は、11月一杯がベストシーズンと

なりますので、是非挑戦してみてください。

ヤリイカ・スルメイカは、シーズンがまだまだ続きます。良い情報がでてから

釣りにいくというのでも良いかなと思います。

11月になりました、そろそろ来年のマルイカはどうかなって考え始める方も

いるかな。船ブログでも、そろそろマルイカの話題を取り上げようかなって

考えています。

それでは、今回はこれくらいで。

澤ちんでした。

2016-2017 ヤリイカシーズン向け 新製品情報はこちら

イカ釣プロサビキ LTシリーズ 関東仕様
・注目の新釣法ライトヤリイカ対応イカサビキ

http://www.yamaria.co.jp/yamashita/product/detail/473





 

前へ  |  次へ   | 一覧