ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2019年12月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

アオリイカ(229)
アカムツ(25)
アコウダイ(7)
アジ(59)
アナゴ(3)
アマダイ(17)
イサキ(42)
イシダイ(3)
イシナギ(1)
イシモチ(11)
イナダ(5)
イワシ(2)
エギイカ(30)
エギスミイカ(2)
オニカサゴ(10)
カサゴ(22)
ガシラ(1)
カツオ(16)
カレイ(2)
カワハギ(46)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(15)
キンメダイ(4)
クロダイ(2)
ケンサキイカ(91)
コウイカ(4)
サバ(10)
サワラ(2)
シーバス(4)
ショウサイフグ(23)
シリヤケイカ(1)
シロイカ(3)
シロギス(25)
スジイカ(1)
スズキ(2)
スミイカ(137)
スルメイカ(303)
その他(19)
タイラバ(2)
タコ(2)
タチウオ(115)
タチウオテンヤ(2)
テンヤ(5)
トラフグ(4)
ハゼ(3)
ハタ(2)
ハナダイ(14)
ハマチ(1)
ヒイカ(1)
ヒラマサ(9)
ヒラメ(43)
フグ(3)
ブリ(6)
マイカ(15)
マグロ(8)
マゴチ(3)
マダイ(144)
マダコ(17)
マルイカ(438)
ムギイカ(40)
ムツ(3)
ムラサキイカ(11)
メゴチ(1)
メジナ(1)
メダイ(2)
メバル(15)
モンゴウイカ(2)
ヤリイカ(373)
やり方(1)
ライトタチウオテンヤ(1)
ライトルアー(1)
ワカサギ(2)
ワラサ(22)
海上釣堀(1)
関西(1)
玄海灘(1)
真鯛(1)
船イカ釣果速報(137)
船釣りCOMMUNITY(4)
太刀魚(6)
太刀魚テンヤ(3)
鯛(1)
鯛歌舞楽(4)
大阪湾(2)
大阪湾タチウオKINGバトル(1)
中深海(1)
潮汐(2)
能古島沖(1)
波動ベイト(2)
博多湾(1)
猛光太刀魚テンヤ(2)
料理(14)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2017/01/24 04:00 船釣りの昔話

タグ: マダコ 

今回は、船釣りの昔話をしたいと思います。



フィッシングショーに、毎年出展している
東京湾遊漁船業協同組合をご存知ですか?

公式ホームページはこちら

http://www.tokyowan-yugyosen.or.jp/

東京湾で遊漁船業を営んでいる方の組合です。
この組合では、東京湾に生きるという冊子を毎年発行しています。

昭和49年に設立され、昭和52年からの船釣り客の集計をしています。

この集計を読んでみると、東京湾の船釣りの栄枯盛衰が見えてきます。

昭和52年から昭和63年ごろまでの、人気魚種は、カレイ・アイナメ、ハゼ

シロギスでした。シロギスは、今でも人気ですが、カレイ・アイナメ、ハゼは

あまり良い状況ではないですね。


忘年会や花火大会といえば、屋形船での遊覧が一般的になって

いますが、いつ頃から遊漁船業のみなさんが出船を開始したか

知ってますか?


私も、冊子を読んで知ったのですが、昭和61年ごろからの
ようです。バブルの兆しが見え始めた頃ですね。

昭和52年からの集計ですので、突然変異のような大フィーバーの

記録も残されています。

毎年、船釣り客の5%も満たない割合なのに、平成3年だけ約15%にも

なっている、魚種があります。心当たりありませんか?

それは

 

マダコです。

私たちは、タコ掛を製造販売しているメーカーですので
この東京湾マダコ大フィーバーの逸話が残っています。

残念ながら、私の入社前ですので、実際に体験した先輩も

少なってきましたが、私が聞いたのは、、、

タコが東京湾のどこでも釣れたので、とにかくタコ掛が

良く売れたそうです。工場も残業などで増産していましたが

作っても作っても売れてしまうので、営業が工場でできたての

タコ掛をそのまま小売店に納品していたそうです。

これほどまでの大フィーバーは、最近はほとんどないですね。

では、ここ数年のお客様数 ベスト3の釣りものは何でしょう?

3位 タチウオ 



2位 シロギス



 1位 アジ・サバ



納得ですね。

たまには、記録を読むのも良いなと思いました。
それでは、今回は、これくらいで。

澤ちんでした!

 

前へ  |  次へ   | 一覧