• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年6月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ釣果情報BLOG

2017/06/23 11:47 福井県船イカ情報
タグ: マイカ  ムギイカ  トトスッテ  ナオリ−RH  錘スッテ 
釣行日

2017年6月16日(金曜日)  

釣場
福井県敦賀市 一美丸 敦賀沖 水深70〜80m
時間

17:30 〜 24:00  

釣果

マイカ  20〜30p  8杯 
ムギイカ    10p  3杯
 

使用タックル

ロッド:クレージーオーシャン オースアンウィップメタルゲーム
リール:シマノ バルケッタCI4
ライン:PE0.4号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
米津 正通 

敦賀沖のイカメタルゲームがムギイカからマイカに切り替わりつつあるので

敦賀の一美丸で今年初のイカメタルゲームに出船しました。

ポイントは昨年同様敦賀半島沖のポイントで当日は流れが速く、錨が打てなかった為

パラシュートアンカーで流し釣りとなりました。

まだ日が残る中、二投目でマイカがダブルで釣れるが1杯は痛恨のバラシ!

前情報では23時頃にはアタリが無くなる(船長談)ので、20時〜23時が勝負との事。

しかし当日は日が沈んでライトを照らしてもアタリは少なく、我慢の釣りが続きました。

結果今年の初メタルゲームはマイカ8杯と厳しい結果に終わり

沖上がりも30分早くなりました(船長判断)

当日の乗船客(18名)はすべてイカメタルのお客様で隣の乗船客は始めての挑戦でした。

当日の当りスッテは錘スッテ(ピンク本体)と、ととスッテでした(他のお客様はエギをドロッパーに使用)

まだシーズンはこれからなので、リベンジしたいと思います


コメント
2017/06/20 17:23 神奈川県船イカ情報
タグ: マルイカ  ムギイカ  おっぱいスッテ  チビトト  ピッカピカ針 
釣行日

2017年6月17日(土曜日)  

釣場
 神奈川県三浦郡葉山町真名瀬港 五エム丸 名島沖〜亀城根 15m〜45m
時間

6:30 〜 13:30  

釣果

マルイカ  7〜25p  37杯  
ムギイカ  8〜20p  3杯 

使用タックル

ロッド:自作 マルイカ竿
リール:DAIWA エアドレッドチューン
ライン:PE0.6号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 


葉山界隈の極浅場でマルイカが開幕!
このエリアは関東界隈でも特に水深が浅いエリアでマルイカが釣れるので、
非常に面白いエリア。
そんなエリアでようやく極浅マルイカが開幕したとの情報を聞き、早速行ってきました。
この日は、多くのマルイカファンが集まり20名の満船。
朝一は秋谷沖から探索。
水深は15m前後の極浅エリアでしたが、ここでは不発。
佐島沖の15m前後へ移動して探索するも、船中で型見たのみ。
浅場へ見切りを付け、40mラインへ移動。
ここで、ようやくマルイカの型が見れました。
この場所で良い反応があり、何回か当て直して良い流しは9連チャンや5連チャンもあり、
ここで一気にツ抜け。
その後も40mラインでは好反応があり、うまくいけば連チャンもありで、数を稼いだところで、
再度極浅エリアへ。

再度狙った極浅エリアでは、イカの触りがとんでもなく多い!
ただ、触ってくるのが極小サイズで、アタリの割に掛けられない!!
掛けそこない多数で、数が思った以上に伸びませんでしたが、
いくらかは数をのばし、なんとか40杯で終了。
イカのサイズがまだまだ小さいですが、イカはかなりいそうなので、
かなり面白くなりそうです。


コメント
2017/06/19 11:57 神奈川県船イカ情報
タグ: マルイカ  ムギイカ  おっぱいスッテ  チビトト  ピッカピカ針 
釣行日

2017年6月16日(金曜日)  

釣場
神奈川県三浦市間口港 喜平治丸 城ケ島沖〜剣崎沖20−45m)
時間

5:30 〜 12:30  

釣果

マルイカ  10〜25p 38杯  
ムギイカ  15〜20p 3杯 

使用タックル

ロッド:自作 マルイカ竿
リール:DAIWA エアドレッドチューン
ライン:PE0.6号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

前日の釣果がかなり良かったので、早速釣行。

20名の満船での出船となりました。

朝一は松輪・江奈港の前からスタート。

水深は20mの極浅場です。

朝の一流しからアタリ連発。

しかし、イカのサイズが小さく、スッテの触りが一瞬で掛け損ない多数…

アタリの割に掛けきれず…思ったほど朝一で数が伸ばせず…

数隻で同じ群れを叩いていたので、イカがスレてしまいアタリすらなくなったので、

ここで剣崎沖へ移動。

前日はこの剣崎沖で良い反応に当たったので期待です。

ポイントに到着し、マダイ船団の近くで探索。

反応はすぐに見つかり、早速アタリ!

やはり剣崎沖はサイズが良いので、アタリがあれば殆ど掛けられます。

ただ、前日に比べイカの移動が早く、また上潮が速く釣りにくい状況。

数連チャンはできるものの、大流しにはなかなかなりません。

何度か良い反応に当たって連チャンは出来たものの、そのうち剣崎沖も反応が散り散りになり、

旋回時間が長くなってきたので、城ケ島沖へ。

城ケ島沖は、先週と同じく極小サイズが多く、掛けるのが難しい状況。

いくらか当たるものの、掛けるのは難しく、反応に当たっても上がるのは船中で数杯ずつで、

なかなか数がのびません。

再度江奈沖の浅場へ移動し、乗りが渋い中いくつか追加したところで終了。

前日とは違いこの日は非常に難しく、船中でもかなり釣果の差が出るような日になってしまいました。

剣崎周辺も極浅エリアに入ってきたのでこれからが楽しみです。


コメント
2017/06/16 09:44 神奈川県船イカ情報
タグ: マルイカ  ムギイカ  おっぱいスッテ  チビトト  ピッカピカ針 
釣行日

2017年6月11日(日曜日)  

釣場
神奈川県三浦市三崎港 城ケ島沖 剣崎沖36−60m(遊漁船 佐円丸)
時間

5:30 〜 12:00  

釣果

マルイカ  12杯 
ムギイカ  5杯
 

使用タックル

ロッド DAIWA 極鋭マルイカAGSレッドチューン 
リール DAIWA バルケッタ
ライン PE0.6号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
藤倉 育聡 

今週もマルイカに行ってきました。

朝一は城ヶ島沖からスタート。

開始直後からムギイカが当たる当たる!!

ムギに混じりマルイカもポツポツ混じる状況。

船団が集ってきたところで剣崎沖へ移動...

なかなか群れが見つからずクルージングタイムが続いた後

ようやく止まり投入すると...

ズシッと重みのあるアタリが!

良型のマルイカゲット!

その後、群れが続かず剣崎沖に戻り最初の流しにプチラッシュがあり8連続キャッチ!

その後時間になり納竿となりました。


コメント
2017/06/15 09:42 和歌山県その他船釣り情報
タグ: 串本大島沖  アカハタ  鯛乃玉  波動ベイト 
釣行日

2017年6月11日(日)  

釣場
串本大島沖、潮岬沖
時間

6:00〜13:00  

釣果

アカハタ28〜33cm、ガシラ26cm、アオハタ 

使用タックル

ロッド:ダイワ ライトゲームX 73ML
リール:ダイワ タトゥーラ103XHL
ライン:サンライン スーパーブレイド5 #2.0
リーダー: サンライン トルネード #3
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
櫻井 亮太 

貸しボートで根魚狙いのタイラバに行ってきました。

天気は生憎の雨、そして根魚ポイントを探すのに前半苦戦・・・!

しかし、水深30mから5mまで一気に駆け上がる瀬で

ようやく本命のアカハタが姿を見せてくれました。

根魚・真鯛の両方に効く濃オレンジが今回もいい仕事をしてくれました。


コメント
2017/06/15 09:26 山口県アオリエギング釣果情報
タグ: エギング  エギ王Q LIVEサーチ3.5 
釣行日

2017年6月10日(土)〜6月11日(日)  

釣場
山口県萩市
時間

5:00〜19:30  

釣果

アオリイカ 〜1400g 多数 

使用タックル

ロッド:エメラルダスstoist 89LML
リール:イグジスト2508
ライン:PE0.6号&フロロ2.5号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
佐伯 大輔 

 

6月に入り、いよいよ梅雨アオリ開幕です。

 

産卵を意識した個体が多く、エギにまったく反応しないアオリに苦戦。

 

一ヶ所で粘らずランガンスタイルで多くのポイントを行ったり来たりで拾い釣り。

 

時合に入れば産卵を意識した個体も口を使ってくれるのですが

 

この日は時合といった時合がなく数も型も伸びずに終了。

 

ペアリングしているアオリの中には2キロオーバーも確実に混じっており

 

タイミング次第では爆釣の予感?

 

もう少しチャンスはあるので、Xデイを求めて6月いっぱいは頑張ってみます。


コメント
2017/06/13 14:13 福岡県船イカ情報
タグ: ヤリイカ  ケンサキイカ  おっぱいスッテ  錘スッテ  ナオリーRH 
釣行日

2017年6月10日(土)  

釣場
 福岡県 神湊港 大島沖50m (大島若潮丸)
時間

19:30 〜 24:00  

釣果

ヤリイカ(ケンサキイカ) 43杯 

使用タックル

ロッド:TICA マルイカ ショート135S
リール:バルケッタCI4 201HG
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
加藤孝幸 

今年もすでに開幕を迎えております玄界灘の夜焚き。

イカメタル仕立てに御呼ばれしましたので参加、初めての方へのレクチャーなども致しました。

序盤は船長がベイトの反応がある30〜40mと深棚で釣れだした感がありましたが

終始、その棚で釣れており後半尻上がりで喰いが立つ感じでした。

こっそりと船の際に落とし込んで15mの浅棚で入れ食いモードになったときはかなり楽しかったです。

活性が低いのか、色は赤緑系が序盤良く、後半はドロッパーのエギにもよく乗りました。


コメント
2017/06/13 13:55 神奈川県船イカ情報
タグ: マルイカ  ムギイカ  おっぱいスッテ  チビトト 
釣行日

2017年6月4日(日曜日)  

釣場
城ケ島沖〜剣崎沖45m〜60m(遊漁船 佐円丸)
時間

5:30 〜 12:00  

釣果

マルイカ  15〜25p  33杯 
ムギイカ  15〜20p  10杯 

使用タックル

ロッド 自作 マルイカ竿
リール DAIWA エアドレッドチューン
ライン PE0.6号 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中陽介 


およそ1カ月ぶりにマルイカへ行ってきました。
久々の満船で、席は胴の間。天気は良いが少々北東風強めです。
ポイントは城ケ島沖からスタート。
1流し目から早々に小型のマルイカ・ムギイカをゲットできたものの、
足が速く、なかなか間に合わない流しがその後は続きます。
ぶっこみ一発狙いで、ムギイカをポチポチ追加。
しかし、なかなか後が続かず、一路剣崎沖へ移動。

剣崎沖に着いたものの、なかなか船が止まりません…
約1時間ほど探索したのち、ようやく船が止まりましたがここでもイカの足が速く、
なかなか間に合いません…

何度か空振りが続きましたが、マダイ船団の潮下でようやく高活性の群れに当たりました!
ここで多点掛け連発!
一気に数がのびます。

サイズもまずまずなので、重量感もばっちり。
1流しで平均5杯ずつ追加していたものの、活性の上がる時間が遅く、残念ながら沖上がりの時間…
後ろ髪引かれる思いで沖上がりとなりました…


コメント
2017/06/01 11:28 神奈川県その他船釣り情報
タグ: タチウオ  メタルフリッカー  サーベリング  長谷川丸 
釣行日

2017年5月27日(土)  

釣場
金谷沖、第二海堡周辺 (長谷川丸)
時間

5:00〜19:00  

釣果

タチウオ1尾 

使用タックル

ロッド:ソルティシェイプ(テイルウォーク)
リール:アグレストPEスペシャル(ダイワ)
ライン:PEジガーULT0.8号(サンライン)、リーダー トルネード10号(サンライン) 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
藤倉育聡 

27日から長谷川丸さんでも午前タチウオ便が始まるということで行ってきました。

朝一、金谷沖へ行って反応を探し、船を回してそれらしい反応に船をあてて実釣開始。

同船していた先輩が一投目でマダイゲット!

その後本命の反応が消えたので第二海堡周辺へ移動。

同船した人が本命のタチウオゲット!

根気よくシャクっていると自分にもヒット!

銀ピカの美しい魚体のタチウオが上がってきました!

これから本格的にシーズンインすれば数釣りも楽しめるのでこれからワクワクしますねぇ〜♪


コメント
2017/05/25 15:59 千葉県その他船釣り情報
タグ: 犬吠埼沖  アカムツ  マシュマロボール  パニックベイト 
釣行日

2017年5月21日(日曜日)  

釣場
千葉県銚子市 犬吠埼沖
時間

2:00〜10:30  

釣果

アカムツ:25〜44p 9尾
スミヤキ、メダイ、ユメカサゴ、ドンコ
 

使用タックル

ロッド:Alpha Tackle HBアカムツ180
リール:DAIWA  シーボーグ500J IKA TUNE
ライン:PE4号
 

使用アイテム
記入者

ヤマシタスタッフ
山中 陽介 

遠路遥々ということで。。。

2日目も乗船。前日が朝イチ良かったので、早めにポイントに着きたいとのことで、

なんと出船は2時過ぎ!

航程2時間かけてポイントに着いた頃にはまだ空は明るくなり始めたばかりでした。

前日も朝イチから調子が良かったので、期待して投入しましたが…

着底するとすぐにアタリは出たものの、上がってきたのはツノサメとスミヤキ。

その後もツノザメがうるさい状況が続きます。

開始1時間はツノザメ地獄…

投入するとすぐにアタリますがツノザメばかりです。

タナを上げても上まで追いかけてきて、ツノザメが掛かる始末…

結局アカムツ1本目を釣り上げたのは前日と同じ時間になってからでした。

その後もこの日はツノザメが元気で、タナを底に設定するとツノザメがエンドレス…

少しタナを切って餌もホタルイカはツボ抜きせずで、なんとか避けられる状況。

油断するとすぐサメの餌食なので、なるべく仕掛を動かしてサメを避けます。

なんとかこの日も釣り上げたところで、一際鋭く強いアタリ!

これは…???

サメにしては引き方やアタリ方に鋭さがあったので、もしかするとデカもの?

と慎重に上げてくると、一際大きなメタリックレッドの魚体。

ようやくキロオーバーの魚に出会えました。

しかもこれまでのアカムツの中でも見たことの無いような太さ。

長さはさほどないのに1.7sというとんでもないメタボ体型のアカムツでした。

その後もポツポツとアカムツを追加できたものの、日が完全に昇りきった頃から、

表層付近でアカムツを横盗りする輩が…

残り30mほどの最後の抵抗を見せた直後に、強烈に引き込みでハリスごとプッツン。

横盗りされること3回…

ようやくその横盗りする輩の姿を確認。

水面下に上がってきたアカムツの頭だけの状態。。。

それを目前で一気に喰ったのは2mほどのヨシキリザメ。

結局その後も1度盗られ、本命は取り込むことは出来ず…

外道のドンコやツノザメには、ちょっかいすらかけないものの

本命のアカムツにはアタックしてくるキレモノ。。

後半は掛けても取り込めないヤキモキするままに沖上がりの時間となりました…

これから水温が上がってくると、外洋エリアはこのサメに悩まされそうです。


コメント

1339件の記事